医師転科ナビ

医師の転科の仕方や進め方をご紹介

腎臓内科医に転科したらどんな仕事をするか?

腎臓内科医は、腎臓に疾患を持つ患者さんや腎臓病の疑いのある患者さんの診察を行います。

多くの腎疾患は自覚する症状が非常に軽微であり、本人が気づかないこともあるため、定期的に検査を行い、早期に治療や生活改善を開始することで、腎不全となり人工透析を受けるまでの期間を延長することができます。

腎臓病に関連する検査とは血液検査や尿検査、画像診断、腎生検などです。腎臓内科医は、これらの複雑に関連しあう検査項目を読み解き、的確な治療を行うことが仕事の大部分を占めます。

腎臓の役割は、尿を生成して体液の量や組成を一定に保つこと、血圧を調節すること、赤血球を作るためのホルモンを産生することなどです。

このような機能が破綻すると、尿により水分や老廃物が排出されず体内に貯留するため、人工透析を受けなければなりません。

透析医療を提供している病院やクリニックでは、腎臓内科医が人工透析を担当している場合があります。

人工透析では体外へ導き出した血液を、ダイアライザと呼ばれる膜を介して透析液と間接的に接触させることで、過剰となった水分や老廃物を血液中から取り除きます。

透析医療を行うためには、血液をダイアライザに送り、体内に戻すためのブラッドアクセスと呼ばれる血管やカテーテルが必須であり、このブラッドアクセスの管理も透析を担当する腎臓内科医の役割です。

また、人工透析は表面的には看護師や臨床工学技士が治療を行いますが、背景では様々な医療職種が協力し合い成り立っています。

例えば、栄養管理や食事・飲水制限の指導・説明では栄養士、腎臓や心臓、血管の観察のために用いられる画像診断では診療放射線技師、日々の血液検査やエコー検査では臨床検査技師などです。

透析医や腎臓内科医は、関連する各部門に的確な指示を出し、医療機関の機能を結集させ透析医療を遂行しています。