医師転科ナビ

医師の転科の仕方や進め方をご紹介

医師に人気のある転科先とその理由は?

医師の場合、転職よりも転科が多い 医師の転職といっても、医師からサラリーマンになる人はあまりいません。 医師が転職をする場合、職種を買えるのではなく「転科」を希望する人が多いのです。 医師は研修医の時には総合的な勉強をす…

消化器内科に転科したら?消化器内科の仕事内容をご紹介

消化器内科への転科は、同じく総合内科医やその他の内科系専門医からの転科や、消化器外科医から転科する医師が多く見られます。 消化器内科医へ転科をして、専門医になっていくと、その後勤務医として続けて行く事はもちろん、次の勤務…

医師が精神科へ転科するメリット・デメリットは?

内科や外科、小児科などの医師が転科を希望する場合、精神科を考える人も多く、そんな、精神科への転科には、多くのメリットと少しのデメリットが存在します。 その為、精神科への転科を考える場合、それらのメリット、デメリットを考慮…

整形外科に転科したら?整形外科の仕事内容をご紹介

整形外科医は全身の筋肉や関節、神経などを対象に診療を行います。 そのため、新生児から高齢者まで幅広い年代の患者さんが受診します。 また、全身の運動器官の疾患や外傷が対象となるため、一口に整形外科医と言ってもそれぞれの医師…

医師が現在の診療科から転科する理由とは?

一般的に医師というのは生涯現役といっても過言ではないような見られ方をすることもあるかと思いますが、医師も一人の人間であるがゆえに他の科への転科を検討することも少なくありません。 医師の転科理由には各々様々なものがあります…

内科の経験を生かし精神科へ転科するには

医師が転科を考えた時に、転科先として候補に上がることが多いのが精神科です。 精神科への転科は、内科医はもちろん、意外なことに外科医かが希望することも少なくありません。 扱う疾患の領域が全く違う精神科への転科ですが、実際に…

総合病院の救急救命医から精神科への転科

私はもともと私立の総合病院の救急科専門医でした。 救急科専門医とは、文字通り救急で運ばれてきた患者さんの全てを見る仕事です。 救急車で運ばれてくる人は、事故で大怪我をした人や、急な心疾患や脳出血など、一刻を争う状態です。…

腎臓内科医に転科したらどんな仕事をするか?

腎臓内科医は、腎臓に疾患を持つ患者さんや腎臓病の疑いのある患者さんの診察を行います。 多くの腎疾患は自覚する症状が非常に軽微であり、本人が気づかないこともあるため、定期的に検査を行い、早期に治療や生活改善を開始することで…

外科医から内科医への転科が多いのは?その方法や事例をご紹介

外科医が内科医への転科を希望することは、珍しいことではありません。 外科医は体力的・拘束時間・開業に備えてなどの理由で、内科への転科を考えるタイミングが訪れます。 内科から外科への転科は滅多になく、転科の受け入れ先を見つ…