医師転科ナビ

医師の転科の仕方や進め方をご紹介

整形外科に転科したら?整形外科の仕事内容をご紹介

整形外科医は全身の筋肉や関節、神経などを対象に診療を行います。

そのため、新生児から高齢者まで幅広い年代の患者さんが受診します。

また、全身の運動器官の疾患や外傷が対象となるため、一口に整形外科医と言ってもそれぞれの医師が専門分野や得意分野を持っています。

例えば肩や手、肘、首、腰、膝、足、股関節、人工関節、リウマチなどを専門とする医師が存在します。

整形外科医の主な仕事内容は外来での診察、病棟での回診、手術などです。

外来での診察では受診した患者さんの症状を詳しく聞き、どのように治療をするか、症状を緩和するか考え、患者さんに提案します。

手術やリハビリテーションが必要になると、患者さんにその旨を説明し適切な治療を行う準備を行います。

整形外科医が行う手術では、骨折に対する骨接合術、人工関節置換術、末梢の血行障害を原因とする四肢の切断術などが多く、体力を要求されますが、手や神経分野の手術では繊細さが必要となる局面もあります。

手術を行った患者さんや、他院より転院された患者さんが入院している場合は病棟での回診も業務の一つとなります。

多くの手術では、術後は入院となりますので、整形外科医にとって回診業務は一般的なものです。

回診業務は、入院している患者さんの治療の進捗状況を直接知ることのできる数少ない機会であり、患者さんの状況に合わせて薬剤や固定用装具の変更・継続の指示、リハビリテーションの指示などを下します。

リハビリテーションにおいては、理学療法士や作業療法士らと連携して患者さんが運動機能を取り戻せるよう、ADL(日常生活動作)が低下しないよう治療を進めます。

また、身体の一部を切断した場合には、患者さんにとって最良の義肢を製作するため義肢装具士に指示を出します。

整形外科医は、このような整形外科的なチーム医療を展開し、患者さんが普段通りの生活を送ることができるよう尽力します。