医師転科ナビ

医師の転科の仕方や進め方をご紹介

header

消化器内科に転科したら?消化器内科の仕事内容をご紹介

消化器内科への転科は、同じく総合内科医やその他の内科系専門医からの転科や、消化器外科医から転科する医師が多く見られます。

消化器内科医へ転科をして、専門医になっていくと、その後勤務医として続けて行く事はもちろん、次の勤務先としても選択肢が広がります。

医師の様々な診療科目の中でも、求められている医療機関や老健施設など、その数も形態も多いのが特徴です。

そのため、転科を希望しても転科先が比較的見つかりやすく、症例も各医療機関で経験しやすいので、消化器内科医の専門医を目指すことも可能です。

消化器内科医への転科先を見つけるには?

消化器内科への転科を希望する医師は、当サイトでご紹介している医師求人・転職の専門サイトに登録する事をおすすめします。

その中でも、エムスリーキャリアは、医師求人情報の保有数が業界で最も多く、希望する地域・条件での消化器内科への転科が見つかりやすくなっています。

登録は無料で、会員登録後は希望の条件を詳しく聞いてくれる専門のコンサルタントがつくので、希望に合う消化器内科の転科先が見つかるまで、しっかりとサポートしてくれるのが特徴です。

消化器内科への転科をエムスリーキャリアに相談する

消化器内科への転科事例一覧

様々な診療科から消化器内科へ転科した医師の事例を簡単にまとめています。

総合内科医から消化器内科への転科

東京都40代男性医師

総合病院で一般内科医として勤務していましたが、ゆくゆくは田舎に戻って内科クリニックを…と考えていました。

そのため、一般内科医だけでは心もとなく、さらに突き詰めていきたいと考えていた消化器内科への転科を決めました。

内視鏡検査などのスキルは、開業医としても持っておくと患者の層が広がりますし、症例を経験できるうちにしておいた方が、田舎に帰ってからでは、その機会に恵まれないかもしれないという思いもありました。

現在では内科・消化器内科クリニックを開院し、そちらで診療を行う毎日です。

消化器外科医から消化器内科医への転科

愛知県50代男性医師

ずっと、消化器外科医として当直も手術もと第一線で処置をしてきましたが、腰痛がひどくなり、あまり長くこの仕事を続けることができなな。と感じました。

外科医の仕事はどの科目もそうですが、身体への負担がとても大きく、やはり年齢を重ねるごとに厳しくなっていきます。

それまで勤めていた病院と、手術の日だけ非常勤で勤めていた病院をやめて、内科への転科を考えることにしました。

消化器内科への転科は、外科医時代に専門分野であったことと、老人病院や健康診断など、長く勤め先のある科目であったことも大きいです。 

消化器内科医に転科するとどんな仕事をする?

消化器内科では食道、胃、十二指腸などの上部消化管、小腸、大腸、直腸などの下部消化管、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓などを中心に診療を行います。

診療の流れとしては、受診した患者さんの症状に合わせ、薬を処方し経過を観察したり、必要に応じて検査や治療を行います。消化器内科医が行う検査で最も有名なのは消化管内視鏡検査です。

内視鏡を用いる検査は、医師が患者さんの消化管の内部の映像を画面を通して観察し診断を下すことができるため、医療現場では頻繁に施行されます。

消化管内視鏡検査にはいくつかの種類があります。1つは上部消化管内視鏡検査です。

この検査では内視鏡を口から挿入し、食道や胃を通り十二指腸に到達します。

大腸カメラとも呼ばれる下部消化管内視鏡検査では、内視鏡を肛門から挿入し大腸を通り盲腸まで到達します。いずれの検査でも最も奥まで到達すると、内視鏡を抜き去りながら消化管の観察を行います。

観察中に医師がその場で良性か悪性かを判断できない腫瘍や、明らかに切除すべきである腫瘍やポリープを発見した場合は、これらの組織の一部を採取したり切除することができます。

また、吐血や下血のために救急外来にやってきた患者さんに対して止血処置を施すことも消化器内科医の役割です。

消化器内科医が行う検査や治療は、内視鏡を用いるものだけではありません。

例えば肝臓癌の治療では超音波診断装置を用いて患部を観察しながら、電極の役割を果たす針を経皮的に肝臓に穿刺し、腫瘍を焼灼する経皮的ラジオ波焼灼療法が行われます。

体内に胆汁が過剰に貯留している患者さんに対しては、超音波や放射線により患部を観察しながら針を刺し、胆汁を吸引し体外に排出させる経皮的肝胆道ドレナージが行われます。

このように、消化器内科医の行う治療や検査では、1本もしくは数本の針穴から処置を完結するため、患者さんの負担が比較的軽度で処置を行うことができます。